2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ハンディGPS発注!

とうとう物欲に負けて、ハンディGPSを発注してしまいました(^^♪
この円高ドル安の機会を逃したら、もったいないと思いアメリカにネット注文してしまいました。

と言ってもやり方は簡単で、国内のネットショッピングとほとんど変わりません。
自分のアカウント(名前や住所等を登録して、口座を作る)を作成して、欲しい品物を選んでカートに入れて、注文ボタンをクリックするという、いつものパターンです(^.^)

どの業者に発注するかは、ネットで調べてみて、実際に購入した方のいる米国のショップを選びました。
J&H Productsというマリン関連用品を扱うお店です。
残念ながら日本語では対応していないので、英語でのやりとりになりますが、トラブル(商品が発送されない、初期不良品が届いた等)が無い限りは、クリックするだけで英語を使うことはないです。

しかし、あくまで個人輸入ですので、もし購入する場合は自己責任でお願いしますね(^_^;)

さて発注したのは、Garminn社のOREGON300という機種です。
OREGON300.gif
最新機種のせいか日本語版はまだ発売されていないようです。
ひとつ前の機種の日本語版(Colorado300J)の価格が、なんと\126,000ですから、発売されたら同等以上のお値段になりそうですね。
国内で売られている英語版の値段は、ぐっと下がって\61,740です。日本語版のおよそ半額ですね。日本語表示機能が無いだけで、ここまでお手頃価格になります。

さて今回私が購入(まだ発注をかけただけですけど)したJ&D Produts社の提供価格は$419.78です。1ドル=90円で計算したとしても、\37,780です!(^^)v 
ただし送料が別途$44.03かかるので、トータルでは約\41,743となります。
これでも、日本語版の三分の一ほどですから、べらぼうに安いです!
というより、むしろ日本語版が不当に高いというのが正直な感想ですねえ(>_<)

実は火曜日の晩に発注したんですけど、二日経ってもオーダーステータスが”ペンディング”のままだったので、拙い英文でメールを出したら数時間で返信がきました。

『在庫されている倉庫からは直接海外発送ができないので、発送担当者に移送中で、月曜日には担当者の手元に届きます。今の季節は冬の嵐がひどいので、発送の手配に一日、二日程度かかるかもしれないが、なるべく早く送ります。」といった内容だったので、一安心(^.^)

来週前半頃には、米国から日本に向けて旅立ってくれそうな感じです。
なんとか年内に私の手元に来てくれれば、うれしいのですが・・・(^^♪

経過は次回の更新でお知らせ致しま~す!!


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.20 2008 GPS comment25 trackback0

ハンディGPS

今日は、現在住んでいるマンションの住民で、除草作業(いわゆる草むしり)を行う日だったので、自転車には乗れませんでした。
年2回の行事なので、やはり義理を欠くわけにはいきませんよね(^_^;)

草むしりはお昼ごろには終了したので、それから走りにいってもよかったのですが、やはり朝出発できないと、どうも気分が乗らないんですよね。

そこで、自転車の手入れ(掃除&注油)をしましたよ(^.^)
一見きれいに見えても、近づいてみると細かい汚れがあったりするもので、ピカピカに磨いてやると、こちらも心がさっぱりと洗われていくような気がします。

洗車が済んでから、以前から気になっていたハンディGPSの事を少し調べてみました。

土地勘の無い場所に走りに出かけて、止めては地図で確認し、また止まっては地図を見直したり、なんてことをしていると、かなりの時間をロスすることになります。

しかも地図が役に立つのは、自分が今どこにいるかが分かっていなければなりません。
ところが道に迷ったときは、地図を見る前にまず自分の位置を割り出すところから始まるわけで、こんなことがGPSのことを考えるきっかけになったわけです。

GPSを自転車に搭載していれば、自分の位置も正確にわかるうえに地図も入ってますから、寄り道したり、気まぐれに違うコースを走ってみても安心です。
今までよりずっと自由に自転車で走り回れるようになりそうです(^.^)

さて、やはりこういうアウトドア物はアメリカ製が強いようでして、GPSではGarmin社のものが有名とのこと。
ところがコイツが意外と高価なんです(^_^;)
普及機種レベルで6~8万円位、高級機種になると12万円以上もするようです。

これだけ出したら、カーナビ買えますがな(ーー;)

普及機種のひとつeTrex Vista HCx
Etrex_vista_hcx.jpg

高級機種のひとつColorado300
Colorado300.jpg

ところが自転車乗りは考えることが皆同じなようで、じつはグッとお安く手に入れる方法があるにはあるんです。

どういうことかと言うと、さっきの価格は日本版、つまり日本語で操作できて地図も日本語で表示されるものなんですが、元はアメリカ製(当然ですが英語版)なので、日本語化した分価格が高くなってるわけです。
それにしても、高過ぎるような気がしますねえ。輸入元が殿様商売しているのでしょうが・・・(`´)

で、お安く手に入れる方法ですが、まあここまで読んでいただければお分かりだと思いますが、日本語版ではなくて、英語版を購入することなんです。

これだと普及機種で4万円前後、高級機種でも7万円弱位で手に入るようです。
あまりに値段の開きがあるので、ビックリしますね(>_<)

ただしデメリットは、?操作は英語表記になっていること、?地図上の地名等も英語・ローマ字表記になっていること、?地図データが日本語版と比較して若干古そう、ということです。

GPSの操作で使う言葉の種類はある程度限られていますし、ローマ字の地名表記も慣れれば大丈夫そうですね。地図データの古さは、実際使用してみないと何とも言えません。

というわけで、とても悩んでいます(^^ゞ
英語版あるいは日本語版、いずれを買うにしても、実機を見て触って買えるお店を訪ねてからですね。
おっと、その前に諭吉先生を財布に匿わなくてはいけませぬなあ(^_^;)
やっぱりボーナスの後でしょうか??(^^ゞ


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

.19 2008 GPS comment22 trackback0
 HOME 

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。