2017 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

春の風と多摩サイ

昨日は、雨続きの鬱陶しい週末を脱して、やっと春らしい青空の日曜日がやってきましたねえ。
当然私もNIRONEに乗って、多摩サイを走ってきましたよ(^.^)

大栗川沿いを走って、関戸橋からスタートです。
昨日は久しぶりに下流に向かってみました。

柔らかな春の陽射しを受けながら、陽の光に煌めく川面を横目にペダルを回していると、それだけで幸せな気分になれます。
しばらく走っていると軽く汗ばむくらいで、すぐにでも本格的な春がやってきそうな気がしましたねえ。

しかし、春につきものの強風が行く手を阻みます。
向かい風の時は体力を削られ、横風のときは車体が振られます。いわゆる春の嵐というやつですな(>_<)

めげずに進んでいくと、狛江付近のダートの地点に到着です。
dirtw.jpg
ロードバイクでダートを走るのはチョットなあ、と思っていたので、この先は未知の領域でした。
まあ天気も好いことだし、もう少し下流まで、できたら二子玉あたりまで行ってみようかと思い、更に下流に向かって進みます。

予想していたこととはいえ、やはり走りにくい道でした。ロードバイクは舗装路を走ってこその乗り物だということを、改めて確認した次第です。(^_^;)
風で煽られるとタイヤが滑ってバランスが崩れるので、スピードは思いっきり控え目で通しましたヨ(^^ゞ

そう言えば、この先の水道橋の近くに「大黒屋」という、多摩サイの自転車乗りが集うお店があることを思い出したので、行ってみることにしました。
幸い事前にGPSに入力しておいたので、難なく辿り着くことができました。
GPSさまさまですね(^.^)
水道橋を渡って右岸に出て、多摩川に向かって下りていくとすぐ見つかりますヨ。
強風のせいで、のれんが「大屋」になってるのはご愛嬌ということで。。。
daikokuyaw.jpg
多摩サイの自転車乗りの「聖地」ですな(~_~;)
なんでも、あの忌野清志郎さんもココで歌ったことがあるとか。。。

お店のおすすめは、夏はやきそば、冬はタンメンだそうです。

そうそう、お店の前には、色とりどりの自転車たちが。。。(^.^)
jitensyatachiw.jpg

人ごみが苦手な私は、ひとりで大黒屋さんに入る勇気がなかったので、お店の前に広がる風景を写真に収めて帰ることにしました。まことに残念(>_<)
daikokuyamae02w.jpg

次回は、中途半端な自転車乗りは決して出撃しない凍えるような真冬の日に訪れて、アツアツのタンメンを食べようと誓った私なのでした(^^ゞ

今回の走行マップはこちらで~す。

本日の走行距離:47.5km
     平均速度:18.7km/h
     最高速度:39.2km/h
  累計走行距離:2253.5km

もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.15 2010 自転車 comment14 trackback0

浅川CRとスイーツ

先週、先々週と続いて非常に寒い週末だったので、乗りたい気持ちを抑えて、自転車は自粛してました。

今までの経験から、極端に冷え込む日に自転車に乗ると腰痛が起きることが多いのに気づいていたので、自粛していたんです。
とはいえ、寒いから家から出たくないという気持ちも半分くらいでしたが(~_~;)

さて昨日は震えるほどの寒さではなかったので、久しぶりにNironeで出撃することにしました(^^)
のんびりまったりと、自分のペースで走りたかったので、自転車乗りが少ない浅川CRを目指します。

まずは多摩サイの関戸橋の右岸からスタートです。
tamasaiugan01.jpg

ここからしばらく多摩サイを溯って、途中から浅川CRへと入っていくんですナ。

やっぱり浅川CRは走りやすいですねえ。行きかうローディーも多摩サイとは比較にならないくらい、少数です。
そのせいかどうか分かりませんが、こちらが挨拶すると、ほとんどの方が挨拶を返してくれましたヨ。
何気ないことですけど、気持ちがいいもんです(^.^)

ひとつ残念だったのは、日曜日は土手上の車道が通行止め(車両のみ)になるので、とても走りやすかったのですが、土曜日はそうではなかったようで、ほとんど土手下のCRを走らざるを得なかったことです。
もちろんCRも舗装されてますが、車道の方が気持ちよく走れるんですよねえ。
今まで日曜日にしか走っていなかったので気づかなかったんですが、浅川CRは土曜を避けて日曜に走るのがベターなようです。

さて、のんびりながらも快調に走っているうちにゴールの陵南公園に到着です。
いつものように、ここで休憩しました。
ryonankouen.jpg

そして休憩後に目指したのは、記事のタイトルにある通り、スイーツのお店です♪
この近くに、最近「スイーツ親方」として有名な芝田山親方(元横綱 大乃国)が紹介した洋菓子屋さんがあるとの情報を得て、ウキウキしながら走ってきたわけです。

陵南公園から取って返して、上流へ向かって最初の大きな橋のところで左折して少し進んだところに、ありました!
「お菓子の工房 ひろ」です。
hiro04.jpg

芝田山親方推薦の文字が。。。(^^)
hiro05.jpg

ケーキはカロリーが高いので、人間ドックで黄色信号が出た私にとっては高嶺の花(~_~;)
それ以外の洋菓子を買って帰ることにしました。
hiro02.jpg

もちろんケーキもあります。あ、写真がへたですんません^^;
hiro03.jpg

店内にはスイーツ本も飾られていました(^^)
hiro01.jpg

さてさて、お土産に買ったのは、チョコサブレ、チーズサブレ、バニラフリアン、コーヒーフリアンの4種のお菓子を2個ずつです。私とオクサマ用ということで。。。(~_~;)
omiyage.jpg

まだバニラフリアンしか食べてませんが、これがなかなかおいしい!
バニラとバターの風味がしっかりしていて、濃厚な味わいでした(^^♪
残りのお菓子も期待度大ですね!!

そうそう、フリアンという名のお菓子、フィナンシェというやつとどこが違うんでしょうねえ。
見た目も食べた感じも同じような。。。。
どなたか、洋菓子に疎いオヤジにご教示してくださいませんかねえ(^^ゞ

走行マップはこちらです!(^.^)

本日の走行距離:61.6km
     平均速度:19.0km/h
     最高速度:36.0km/h
  累計走行距離:2206.0km


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.21 2010 自転車 comment14 trackback0

境川CRとメンチカツ

昨日は天気もよく暖かかったので、まさに自転車日和でしたねえ。
私は久しぶりに、境川CRに繰り出しました(^.^)

そうなんです。おいしいメンチカツが高座渋谷(小田急線)のお肉屋さんで売っていると聞いて、これは境川CRを走りがてら、御土産に買って帰ろうとウキウキしながら出発したわけです。

いつものように戦車道を利用して桜美林大の側を通り、境川に至ります。

町田駅を少し過ぎたあたりのベンチでちょっと休憩です。
kyukei01.jpg

kyukei02.jpg
ここで通り過ぎる自転車を眺めたりしていたんですが、MTBに乗ったチョイ悪オヤジ風の方が現れて、しばし自転車の話題で談笑。
どちらから?と聞かれたので、「八王子(南大沢)から来ました。」と答えたんですが、かなりビックリしてました(^_^;)
「これから高座渋谷までメンチカツを買いに行くんですよ。」と付け加えたら、更に驚かれてしまいました。

まあ、いくらおいしいメンチカツとは言え、自転車で片道25km以上の距離を走って買いに行くというのは、フツーじゃないと思われたみたいですねえ(^^ゞ

さてチョイ悪オヤジさんとの話が長くなって、少し体が冷え始めたので「そろそろ行きますので~」とことわって、出発しました。チョイ悪オヤジさん、「もう三杯飲んできたんだ♪」と言ってましたから、普段より饒舌になっていたのかもしれませんね(^_^;)

さて、本日の目的地「肉の太田屋」です。
この土地の貴重なブランド豚「高座豚」のお肉を扱っているお店です。
otaya03.jpg

otaya01w.jpg

店内に入ると、ヨーロッパで取ったたくさんの賞が飾ってありました。
このお店は、手作りのハムやソーセージでも有名なんですよね。
otaya02.jpg
お店の方も接客態度がとても丁寧でしたヨ。

特においしいと評判のメンチカツとコロッケをゲットして、帰路につきました。

家でオクサマと一緒にメンチカツとコロッケをいただきましたが、噂に違わず美味でした(^^♪
とにかくメンチのおいしさは保証付きです。メンチにありがちな挽き肉の臭みが全くなく、独特のほのかな甘みがあって、食べた後も油っこさがありません。
食べるのに集中してしまって、写真を撮るのを忘れてしまいました(^_^;)

境川CRを訪れた際には、一度太田屋さんのメンチカツを試してみてください。
ハマリますよ!(^.^)

走行マップはこちらで~す!

本日の走行距離:58.6km
     平均速度:18.8km/h
     最高速度:37.4km/h
  累計走行距離:2144.3km

もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.01 2010 自転車 comment14 trackback0

走り初めで鯛焼きを♪

寒い週末が続いていたので、腰を庇ってなかなか自転車に乗れませんでしたが、やっと昨日多摩サイで走り初めしてきました(^.^)

気温はかなり低かったと思いますが、天気が好かったせいで暖かく感じましたねえ。
多摩サイを走るローディーもかなり多く感じました。

さて私は多摩サイを走るときには、自宅を出て大栗川沿いの遊歩道を利用して多摩川に至るのですが、昨日はその大栗川を走っている時に、ちょっとビックリする光景に出くわしました。

なんと、カヌーの練習をしている人がいましたヨ!
canoe.jpg
転覆したときのリカバリーの練習なのか、わざとひっくり返って頭を川の中に入れ、また回転して元に戻るようなこともやっていました。
いくら天気が好くても、あれは寒いんじゃないですかねえ(^_^;)

間もなく、いつもの多摩サイのスタート地点の関戸橋に達し、そのまま上流目指して走っていきます。
今日のお目当ては、多摩サイの自転車乗り達にとっては有名な鯛焼き屋さんです。
くじら運動公園の手前あたりだということは分かっていたのですが、まだ探し当てていませんでした。

多摩サイと境川CRをホームとする私としては、なんとかその有名な鯛焼きが食べたいものだと思っていましたので、走り初めついでに鯛焼き屋さんサーチとしゃれこんだわけです。ハイ。(^.^)

まずはいつもの河川敷公園の様子です。昨日は大勢で凧揚げをしていました。
写真がピンボケですみません(^_^;)
takoage.jpg

ここからは一般道を少し走って、立川公園内を通り、また多摩サイに戻ります。
立川公園への入り口の貝殻橋です。
kaigarabashi.jpg

立川公園を過ぎ、しばらく土手上を走る(昨日は土手上の一部が工事中だったので、下のコースを走りました)と、よく休憩する小さな公園があります。
syoukouen.jpg

この公園のすぐ脇にありました! ありました! 噂の鯛焼き屋さんが(^^♪
しかし、お店の前で4,5人のローディーが行列してましたので、ここから少しだけ上流へ走って、コース沿いにあるベンチでしばし休憩しました。

10分程経ってから鯛焼き屋さんに行ってみると、出来上がりを待っていた人達がちょうど出て来ました。
う~ん、ラッキー(^.^)
shibafune.jpg

店内に入ると、多摩サイを走るローディー達の写真が貼ってありました。常連の皆さんなのでしょう。お店の方の許可をいただいて、1枚パチリと撮らせてもらいました。
photo.jpg

とりあえず4個を持ち帰り(ウチのオクサマに買って帰らないと雷が落ちますので)で、1個を店内で食べますとお願いして、焼いてもらいました。
お茶はセルフサービスでしたが、鯛焼きと一緒においしくいただきましたヨ。
taiyaki_20100125205818.jpg
あんこがしっかりと詰まっていて、それでいて甘過ぎない、ほど良い塩梅なんですね(^.^)
ここ柴舟の鯛焼きは本当にオススメです。多摩サイを走るときはぜひ一度お立ち寄りください。

そうそう、鯛焼きを焼くのは大抵おじさんと相場が決まっているものですが、こちらではうら若い綺麗な女性が焼いてくれました(^^♪
それもまた楽しみの一つかと。。。
ヤ、ヤバイ、こんなことがバレるとウチのオクサマに刺されます(>_<)

さて、熱いお茶と鯛焼きで心も体もほっこりと温まったところで、帰路につきました。
ところが、強烈な向かい風でペダルを懸命に回しても一向にスピードが上がらず、体力を削られました。
鯛焼き屋のお姉さんに、ほんのちょっぴりの浮気心を刺激された罰でしょうかねえ?
ヒーヒー言いながら、やっと帰宅した40kmの走り初めでありました(^_^;)

走行マップはこちらです!(~o~)!

本日の走行距離:43.1km
     平均速度:17.9km/h
     最高速度:42.7km/h
  累計走行距離:2084.3km


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.25 2010 自転車 comment12 trackback0

パンク修理とライト取付け

今日は曇りがちで寒い日でしたねえ。
不覚にも昼過ぎまで寝てしまったので、軽く近所をポタリングしようかと自転車を見ると。。。

なんとまたパンクしてます(>_<)
一昨日きっちりとパンク修理をしておいたのに、どうしたことでしょう??

昨晩、寝る前に一応空気が抜けていないのを確認したはず(見た目だけで、指で押して確認したわけではありませんでしたが)なのに、おかしいですなあ。

パンク修理だって、以前自転車屋の兄さんがやるのをジッと見ていて、参考にさせてもらったんですけどねえ(^_^;)

今回は、ものすごく小さな石の破片がタイヤに食い込んでいたのをきちんと抜いて、タイヤの内側とリムの内側も全て指の腹でなぞって異物が無いか再確認したうえでチューブ交換したのに。。。

ただ思い当たる節はあったのです。そう、チューブは新品に交換すべきなんですけど、前回パッチをあてて修理したチューブを使ったのです。もしかしてコレがいけなかったのかも!?

仕方が無いので、本日パンク修理再チャレンジです。
チューブを取り出し、パンク穴の場所を確認しようとしましたが、結局見つかりませんでした。
これはやはりパッチの部分から、ほんの少しずつ空気が漏れていたのでしょう。
ストックしておいた新品のチューブに交換して、修理完了です。
これでまたパンクしたら、悔しいけどプロに頼むほかないですねえ。

パンク穴にパッチを当てる修理はあくまで応急処置であって、帰宅したらさっさと新品のチューブに替えるべきなんですねえ。変にエコを意識してリサイクルにこだわると、痛い目に会いますな(^_^;)

なんとなくポタに出かける気持ちも萎えてしまったので、ライトを取り付けることにしました。
ライトもパーツも全て買ってありましたが、ナイトランは基本的にしないことに決めていたので、そのままになっていたのです。しかし、この前の境川CRでの教訓(ライトは必ず携帯すべし!)を思い出し、今日取り付けてしまおうと考えました。

さて、ライトはFENIX L2Dという懐中電灯です。これはブログ友達のcycle446さんに教えていただきました(^.^)
cycle446さん、ありがとうございました!!
私が今まで使っていた、CATEYEのHL-EL520より遥かに明るいです。

さてL2Dは自転車用のライトでないために、取付けに工夫が必要です。
そこで買い揃えたパーツが、ミノウラのQB-90とTOPEAKのTMR-2Cです。この組合せでピッタリと自転車に固定できるはずだったのですが、残念ながらNironeのハンドル径が太めのものだったので、うまくいきませんでした。

そこでミノウラのQB-90の代わりにBAZOOKAのワンタッチボトルケージ(フレームに固定するパーツのみ使用)を組み合わせてみたら、うまくいきました。

こんな風に搭載できました。
ライト01

真上から見ると、ちょっとゴテゴテした感じがしますねえ。右端がGPS用のRAMマウントで、真ん中にあるのがサイコン、そして左端がL2Dライトですね。
ライト02

この角度から見てみると、なにやら武器に見えなくもないような。。。(^_^;)
ライト03

自ら進んで夜走ることはありませんが、これで闇夜のCR等、望まざるナイトランになってもまず安心です(^.^)
L2Dライト、ホントに明るくて頼りになりますヨ。

以上のL2Dライトやその取付け方法等については<◎懐中電灯・汎用ライトを自転車前照灯に>を参考にさせていただきました。

もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

.11 2010 自転車 comment14 trackback0
 HOME 

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。