2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

チャールトン・ヘストンと「猿の惑星」

今日は、ちょっと真面目な話をひとつ。

昨日のニュースで、アメリカの名優チャールトン・ヘストンの死を報じていました。84歳だったそうです。

チャールトン・ヘストンと言えば、全米ライフル協会の会長も勤め、銃規制反対派の急先鋒でありました。
その辺りは、ちょっといただけませんが、「ベン・ハー」や「十戒」といった名作に出演した、全米知名度抜群の大物俳優でしたね。

そんな彼の出演作のなかで、私が特に思い出すのが、「猿の惑星」です。
宇宙飛行士が、緊急事態に陥って不時着した惑星が、実は猿に支配された未来の地球だった、という設定のSF映画です。

この映画、私はテレビで観たのですが、当時の日本人(もちろん私も含めて)は、みんな純粋にSF映画だと思って楽しんだわけです。

ところが、実際はちょっと違った色合いを持つ映画だと知ったのは、私が社会人になってかなり経ってからでした。

実は、この「猿の惑星」の原作者は、第二次大戦当時に日本軍の捕虜収容所にいたことがあって、その時の体験を基にこの作品を書き上げたというのです。

簡単に言うと、あの「猿の惑星」に出てくる猿達は、日本人をモデルにしているということです。
有色人種が白人を支配(コントロール)するのは、とんでもないことだと...。
ただし、そういう思いをそのままストレートに映画にはできないので、日本人を猿として描いたわけです。

まあ、ひどい人種差別的な映画だったわけですが、もちろん日本でヒットさせるために、この事実は一切日本側には知らされなかったようです。(とは言え、映画関係者やアメリカ事情に詳しい人達は知っていたと思うんですが・・・)

ハリウッド映画には素晴らしい作品も多々ありますが、こういった政治的な思惑とかメッセージが込められた作品も存在する、というのもまた事実のようです。

ヨーロッパの映画人は、「ハリウッド映画なんて映画じゃない」という持論の人が意外と多いと聞きますが、前述のように、アメリカ映画の一種の胡散臭さのようなものを指して言っている部分もあるのかもしれません。

もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト
.08 2008 映画 comment12 trackback0

comment

tetsuhart
こんにちは。訪問者リストより来ました。オシャレ
なブログになってますね。自転車、私も欲しいところ
です。もちろんメタボ対策。また、お邪魔します。
ご訪問ありがとうございました。
2008.04.08 23:19
モンちゃん
tetsuhartさん、コメントありがとうございます。

まだブログ初心者なもので、まだまだ勉強中です。
たま~にで良いので、また覗いてやってください。
今後ともよろしくお願いします。
2008.04.08 23:25
ドクエメット
猿の惑星にそんな背景があったとは!
僕もただただ「名作」と思っていただけにびっくりです。
とすると、あのラストシーンにはどういう意味があるんだろう・・・?


話はまったくかわりますが、ビアンキの調子はいかがですか?
実は僕も自転車好きで、愛車はTREK7300です。
2008.04.09 07:53
桜パパ370歳の≡Slowlife
こんにちは(^∀^)σ
訪問&コメントありがとうございます。
少し肌寒い晴れの大阪です。

そうですか、なくなられましたか
桜パパ370歳の年になると次は自分かな??と思う今日この頃です
朝起きてまず、「今日もいきてたぁ~」と思い一日の始まり始まり・・・(^▽^笑)

今日も笑顔で頑張りますよ(*⌒ー⌒笑)o
『笑う門には福来る』
2008.04.09 15:47
モンちゃん
ドクエメットさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

びっくりしますよね。私もこの事実を知ったときは、衝撃を受けました。
元々、読書好きだったんですが、その頃から国際関係(外交や諜報、軍事関係まで)の本を読み漁って、アメリカもかなり悪どい事をする国だなあ、という考えに至りました。(まあ、外交には表と裏があって、そんなものだとは思いますが・・・)

あ、自転車好きまで一緒ですね。v-410
ただ、私のビアンキはまだ納車待ちの状態なんです。
一応、今月末納車予定なんですが、さてどうなることやら。
2008.04.09 20:31
モンちゃん
桜パパさん、こんばんは。
コメントいつもありがとうございます。

笑顔は大事ですよね。今日も一日がんばって仕事してきましたよ。v-392
2008.04.09 20:33
ken345
あし@訪問者リストから来ました。ご訪問有難うございました。

そうですか・・・。
猿の惑星にはそんな裏話があったのですね。
今初めて知りました。

若かりし日に、この映画をワクワクドキドキしながら見たのは一体何だったんだ~!!という感想です。

ともあれ、今後ともよろしくお願いします。
2008.04.09 21:39
モンちゃん
ken345さん、コメントありがとうございます。

いやあ、やっぱり裏切られた感じがしますよねえ。
私もショックでした。それまでは無条件でアメリカが何となく好きでしたから。

猫の写真拝見しました。可愛いですねえ。
私もロシアンブルーの女の子を飼っていたんですが、諸事情により、実家に里子に出しました。

今後ともよろしくお願いします。
2008.04.09 22:43
桜パパ370歳の≡Slowlife
こんにちは(^^♪
訪問&温かいコメントありがとう、感謝ですo(^0^)o
昨日のBlog紹介で『感謝』の意識を再度認識しました。みなさんありがとうございます。
大阪は15時ぐらいから雨になっています。

今日も笑顔で過ごします。
『笑う門には福来る』(*⌒ー⌒笑)o
2008.04.10 15:30
テンショック
http://noharadesu.blog27.fc2.com/blog-entry-3.html

よろしくお願いします。
2008.04.10 16:53
木蓮
モンちゃんさん、こんにちは。
びっくりですね。猿の惑星にそういう思いが隠されていたなんて。アメリカの映画って人種による仕分けがされているものが結構あると思います。暗黙の了解でアングロサクソン第一という感じがします。

私はフランスにいますが、こちらの人はアメリカという国に好感情を持っていないというのはよく感じます。フランス人って口に出してそういうことをはっきり言うことはしないんですが、態度で分かります。ブッシュさんのことになると、もう嫌でたまらないという顔をします。サルコジさんはアメリカと友好関係を築こうとしていますけどね。

チャールトン・ヘストンの死の報道の時も、「あの銃所持を支持していたチャールトン・ヘストン」と皮肉気味にどこかのキャスターが強調して言っていました。
2008.07.15 01:06
モンちゃん
木蓮さん、こんばんは!
本当にビックリですよねえ。私も初めてこの事実を知った時は、やっぱり日本人て、お人好し過ぎるなあと思いました。
世界中で、原爆を落とされたのは日本だけですし、しかも2発も落とされたのに、そのことでアメリカ人を憎んでいる人なんて、ほとんどいないですよね。
ああ、それなのに・・・。

フランス人のアメリカ嫌いは、結構有名ですねえ。
フランスの核政策もアメリカとは一線を画して、独自路線を取りましたよね。イギリスと対照的です。

フランス人から見ると、アメリカ人というのは、腕力だけ強くて傍若無人な振る舞いをする田舎者という印象なのでは?
ちょうどドラエモンに出てくるジャイアン!

チャールトン・ヘストンも銃を持った野蛮人というイメージが強いのかも知れませんねえ。
2008.07.15 22:15

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://monchanbianchi.blog82.fc2.com/tb.php/7-308ad5d7

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。