2017 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

思い出と自転車と。。。

一昨日は、青空の広がる好い天気でしたねえ。
風は相変わらず強かったですが、日差しの温かさが心地よくて、こんな日はペダルを踏む足も軽くなりますな(^.^)

父の三回忌やら何やらの打合せで、母のところへ顔を出さなければいけなかったので、これ幸いと境川CRを使って自転車で出掛けてきました(^^ゞ

私の住む南大沢から実家の大和市(神奈川県)まで、およそ30km。
ツーリングにはちょうど良い距離です。
横浜で生まれ、その後間もなく大和市に引っ越したので、幼稚園に通う頃から高校を卒業するまで(その後の受験浪人の1年間も)、大和で育ちました。

懐かしい気持ちを呼び覚ましたくて、かつての見知った場所を少し走ってみたのですが、幼い頃過ごした小さな借家(縁側があって、小さな庭に柿の木がありました)も今では小奇麗なアパートに変わり、よく家族で食事をしたお寿司屋さんも全く別の事務所になっていました。
小学校に通う途中、ドキドキしながら渡った、あの遮断機の無い小さな踏切も、相鉄線が地下に入ったことにより、その痕跡すら残さず、遊歩道になっていました。

記憶の中にあるセピア色の街並みと、時の流れとともに変わってしまった現実の街との差が、ほろ苦い寂しさを伴うさざなみとなって私に寄せてきました。

やはり、思い出は心の中にそっとしまっておく方が良いのですね。。。

そういうわけで、残念ながら本日の記事には写真がありません。
思い出の土地を巡る往復の60kmは、私にとって、つかの間のほろ苦いツーリングとなりました。


本日の走行距離:59.0km
     平均速度:19.3km/h
     最高速度:38.1km/h
  累計走行距離:2312.5km

もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト
.24 2010 自転車 comment14 trackback0

comment

ゴンベドール
僕は九州・博多の出身ですが、最近実家もこちらに移転してしまったので、もう2~3年故郷に帰っていません。。。
モンちゃんの記事を見て、今年あたり故郷に帰ってみようかな~とちょっと思いました(^^;
2010.03.24 21:17
ころちゃん
モンちゃん、こんばんは。

何だか、切ない気持ちになりました。
今は街の変化も目まぐるしく、時間の流れが
速すぎて、時々寂しく思うことがあります…。
2010.03.24 21:54
こた
 ワタシも以前に、子供のころに住んでいた場所まで自転車で行っ
たことがあります。
 お察しの通り、すっかり街並みが変わり、当然と言えば当然です
が、やはりちょっと寂しい思いをしました。
 でもまぁワタシの場合は40年近く前のことですから、逆にまった
く変わってないと 「これでいいのか!?」 って気もしますけど
ネ(笑)
2010.03.25 15:19
モンちゃん
ゴンベドールさん、こんばんは!

そうでしたか! ゴンベドールさんは九州男児だったんですね(^.^)
今年はぜひ博多に帰って、思い出の場所を訪れてみては如何でしょう?(^^♪
2010.03.25 20:28
モンちゃん
ころちゃん、こんばんは!

そうなんですよねえ。
ふと思い立って、子供の頃に登った神社の木とか、かくれんぼした林とか、缶蹴りで遊んだ空地とか、そういった場所にしばらく振りで行ってみると、全く異なる景色になっていたりして。。。
そんな時は、ホントに切なくなります('_')
2010.03.25 20:33
モンちゃん
こたさん、こんばんは!

あ、こたさんも私と似た経験がお有りだったんですね。
私も40年以上経って訪れた場所が今回あったんです。
せめて、当時の雰囲気というか、空気感だけでも残っていてくれればなあ、と思いましたヨ^^;
2010.03.25 20:37
azzurro
実家の周辺も含めて、この街もすっかり様変わりしました。

新しい道が開通して便利になるのはいいんですが、昔の面影がなくなってしまうのは、やっぱり寂しいものがありますね。


個人的に一番切なかったのは、一昨年の3月にこの街を発着する寝台列車が全廃されたコト。

幼少の頃から何度となくお世話になった[あかつき]の最終出発式は、何だか体の一部をもぎ取られるような思いでした。



それなりに長く生きてると、否応なく時代の移り変わりを痛感する事も増えますよね。
2010.03.26 21:28
モンちゃん
azzurroさん、こんばんは!

やはり便利さと思い出の姿とは相反するもののようですね。

寝台特急「あかつき」、廃止になってしまいましたか。本当に残念なことです。

私は残念ながら「あかつき」には乗った経験が無いのですが、寝台列車というのは、独特の雰囲気があってイイものですね。
時間がゆっくり流れていく感覚のなかで、旅の気分を満喫させてくれます。

年を重ねるというのは、何かを得る代わりに、同じくらい大切な何かを失うということなのかも知れません。
2010.03.27 22:04
ec
こんばんは
大和駅周辺はここ数年で大きく変わりました
地域の発展に伴い、相鉄線全般踏切が交通を遮断し慢性的な渋滞を招いていることを解決したいという地元の願いから
大和駅周辺の地下化が進んだようです。
でも、昔の町並みをしっているひとからすれば、寂しいことなのでしょうね。。
昨晩も、大和駅周辺を歩いたのですが、改めてそういう思いで眺めてみました。。
2010.03.28 02:00
モンちゃん
ECさん、こんばんは!

相鉄線の地下化によって、交通渋滞が大幅に緩和されたことは、とても良いことだったと思います。

ただ、線路に響く電車の音、光、踏切等は、慣れ親しんだ者にとっては、やはり記憶のよすがとなるもののようです。
それらが消え去るにつれて、記憶と現実との差がより大きく感じられるのですねえ。

旧き良きものだけを残すというのは、言葉は美しくても、存外難しいことなのかもしれません。
2010.03.28 21:42
掌蹠オヤジ
今の処に移り住んで20年。
道路の拡幅や私鉄の高架工事に伴って、すっかり街の景色は変わったにもかかわらず、日々観ているとその変化に気付きません。
出身は兵庫の片田舎なんですが、こちらは田舎過ぎて変化が無いと思っていたら、そこにもやはり開発の波が・・・。
それでも子供の頃遊んだ山河はそのままに残っています。
やはり故郷って良いもんですよね~。
5月には同窓会があるので、数年ぶりの帰省予定です。
2010.03.29 12:38
モンちゃん
掌蹠オヤジさん、こんばんは!

ご出身は兵庫県でしたか。以前、神戸には行ったことがありますが。。。
港街で、洋館があって、横浜と雰囲気が良く似ていて、うれしくなりました。

故郷はやはりいいものですねえ。変わっていくのを目にするのが辛いです(>_<)

久しぶりの同窓会で、目いっぱいふるさとを満喫してきてくださいね(^^)
2010.03.30 21:41
cycle446
こんばんは
ばーちゃん家が取り壊されて更地になっていたのを見たときは涙が止まりませんでした
2010.03.30 21:59
モンちゃん
cycle446さん、こんばんは!

cycleさんにとって、色々な思い出の詰まった大切な家だったのでしょうねえ。
とても辛い経験でしたね(涙)
お察しいたします。
2010.03.31 22:04

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://monchanbianchi.blog82.fc2.com/tb.php/105-9cc14efd

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。