2017 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ほっとする出来事

今日は、通勤途上でのちょっと良かった話を紹介します。

今朝の満員の通勤列車内の出来事です。

ある駅に着いたとき、私の後方から若い女性の声が聞こえてきました。どうやら女子高生のようです。
「すみませ~ん、降りま~す」と言いつつ、遠慮がちに、乗客の隙間を進んできます。

周りのサラリーマン(私もその一人ですが)やOL達は、窮屈な中で、なんとかスペースを空けてやって、無事にその女子高生は電車を降りていきました。

なんとなく、ほっとする時間でした。
本当になんでもない出来事ですが、「ああ、よかったなあ」という瞬間でしたねえ。
周りの人達も同様だったようで、その時は車内の空気が和んだように感じました。

最近は、無言のまま、肩や肘で他人を押しのけながら、電車を降りる人が大多数になってしまったようなので、このような事が新鮮に感じられたのだと思います。

こういう若い人の振る舞いや、周りの大人達の反応を見て、案外日本の未来も捨てたもんじゃないのかも、と仄かな希望を抱いて会社に向かいました。にっこり

もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト
.16 2008 日常 comment4 trackback0

comment

ドクエメット
「ささやかでも、確実な、幸せ」
をいくつ見つけられるかが、その人の生が幸福であるかどうかの指標、と言ったのは村上春樹だったでしょうか。

仕事がら時折大学生と話をする機会があるのですが、彼らのほとんど全員が頭も人柄も極めて良いことを、心から嬉しく感じます。
自分より若い世代に人物がいるのを目の当たりにすると、なんか幸せな気分になりますね。

話は変わるのですが・・・。

歴史小説の初心者が最初に手につけるべき歴史小説って、何だと思われますか?やっぱり『竜馬がゆく』ですか?
2008.04.16 20:38
モンちゃん
ドクエメットさん、こんばんは。

おお、そうですか!
東京の大学生を見ていると、あまり期待できそうもないなあ、と思うことが多かったのですが、私の見方が表面的だったのかもしれませんね。
うれしい誤算てやつですかねv-410

お、歴史小説にトライする気になりましたかな?

そうですねえ、一押しは「竜馬がゆく」なんですが、長くて敬遠されているのなら、関ヶ原(上中下 全3巻)はどうでしょうか。こちらも司馬遼太郎の作品です。

天下分け目の合戦と、それを彩る男達の生き様が描かれています。男が惚れるような男どもが描かれていますよ。
文章を味わって読んでみてくださいな。ぜひ!
2008.04.16 21:01
ドクエメット
モンちゃんさん、こんばんは。

あ、すみません。言葉足らずで誤解を与えました。
僕が時折会う大学生は、せいぜい30人程度なのです。それなりに意識の高い子たちばかりなので、大学生全般がどうなのか、を僕は知りません(なんら印象を持っていません)。
持ち上げといて落とすようなことをしたような気がして心苦しい…。

歴史小説のおすすめ、ありがとうございます!
『竜馬がゆく』が長いならこっち、という文脈で、それでも上中下セットですか…。恐るべし歴史小説!
2008.04.17 20:14
モンちゃん
ドクエメットさん、こんばんは。

いえいえ、そんなに恐縮しないでくださいな。

たとえ30人位であっても、その皆さんが意識の高い人達なら、他も推して知るべしでしょう。大いに期待が持てるというものです。

「関ヶ原」ぜひチャレンジしてみてください。
これが面白く感じられたら、きっと歴史小説にハマルこと請け合いです。v-218
2008.04.17 20:44

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://monchanbianchi.blog82.fc2.com/tb.php/10-81df9e00

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。