2009 12 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2010 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

永遠の0(ゼロ)

51xV3LeZDpL__SS500_.jpg

今日は、つい先ほど読了した「永遠の0(ゼロ)」を紹介したいと思います。
良い本だという噂を聞いていましたが、いやはや凄い本でした。
久しぶりに読み応えのある、また読後も深く考えさせられる本に出会いました。

勘の良い方ならお分かりだと思いますが、0(ゼロ)はゼロ戦のゼロ。
そうです。先の大戦初期に、文字通り世界最高の戦闘機としてアメリカ軍を恐怖させた日本海軍が誇る名機のことです。

きっと今の若い方は、恐らくゼロ戦の由来も知らないのでしょうねえ(~_~;)
正式名称は、「零式艦上戦闘機」。
皇紀2600年(昭和15年)に正式採用されたので、その下二桁を取って「零式艦上戦闘機」と名付けられました。

さて前置きはこれくらいにして、この小説の内容ですが、神の如き操縦技術を持つ凄腕の戦闘機乗りでありながら、生き延びることに異常に執着を見せていた男、宮部久蔵。
当時は華々しく散ることこそ、最高の名誉とされていたにも関わらず、宮部は「妻と娘の為に、絶対死ねない」と言い続け、仲間からは隔絶した技量により一目置かれながら、その一方で「臆病者」と蔑まれることもあった男。
ところが、宮部は終戦の直前に特攻で散華します。生に執着していた宮部が、何故に特攻で散ったのか?

宮部久蔵の孫である姉弟が、60年以上の時を経て祖父の戦友達を訪ね歩き、その謎に迫っていきます。
そして、真相が解き明かされる結末は。。。

私は通勤電車の中で読んでいたのですが、涙が溢れそうになるのをこらえるのが精一杯でした。
恐らく目は真っ赤になっていたのではないでしょうか。本を支える自分の手が震えているのが分かりました。

わずか60年程前には、きっとこういう美しく気高い魂を持った日本人がたくさんいたのでしょう。
真の意味における人間としての強さ、愛、美しさ、とはこういうことではないのかと、頭をガ~ンと殴られたような衝撃を受けました。
私の愛読書の一冊となりました。

ゼロ戦に興味のある方はもちろん、興味のない方にも、おすすめの一冊です。
特に、多感な時期の中学生・高校生にはぜひ読んでもらいたい作品です。


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト
.22 2010 comment6 trackback0
 HOME 

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。