2017 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「ウォンテッド」

「ウォンテッド」を観てきました。
ピンクレディーの歌じゃありませんよ(^_^;)
ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー主演のアクション映画です。
私もウチの相方もアンジェリーナ・ジョリーのファンなので、一緒に楽しんできました。

一言でいうと、とってもファンキーな映画でした。
ジェームズ・マカヴォイ演じる冴えないサラリーマンのウェスリーが、ある日を境に暗殺組織の一員となって、様々な訓練を受け一人前の暗殺者となっていく・・・。
というストーリーなんですが、アンジェリーナ・ジョリー演じるフォックスは彼の指導教官であり、凄腕の暗殺者でもあるという設定。

難しいことを考えずに、ストレス解消のために観る映画だと割り切って楽しめば、これほどスカッとする映画はないかも知れません。

平凡な、いやむしろ仕事のできないウェスリーが、精悍な暗殺者に成長していくのに従って顔つきまで変わっていく様子がなかなか見せてくれます。

それより何より、アンジェリーナ・ジョリーが痺れるくらいカッコイイんです!
車をぶっ飛ばして玩具のように操る姿や、銃を撃ちまくるシーンなんかは本当に魅せてくれます。
美しくて、強くて、セクシーな暗殺者。
「エロかっこいい」という言葉は彼女にこそ使うべき言葉ではないかと。。。
いやいや「エロかっこいい」では下品でした。「SEXYかっこいい」とでも言うべきでしょう。
倖田○○なんて、彼女に比べたら霞んでしまいますなあ。(倖田ファンの方、すんません)

アクションシーンは荒唐無稽(何しろ弾道を曲げて、障害物の向こうにいる標的に命中させたりします)だし、ストーリーも突っ込みどころ満載なんですが、カタルシスを得るには最適の映画です。

そういえば、ウェスリーが亡き父の形見として、組織のボスから与えられる銃の名前が「イマニシ17」というんです。
もちろん架空の型式ですが、一目で日本製とわかる名前にちょっとマニアックなものを感じました。

やはり銃器のような精密機械は、日本製が優秀なのではないかという発想で、設定されたのでしょうね。
それにしても一昔前とは違って、妙な日本語でなく、充てる漢字が想像できる(イマニシ→今西)まともな日本語が使われていることに感心してしまいました。

そういえば、冴えない頃のウェスリーがやたらと"I'm sorry !!"を連発していたんですが、なんだかこんなところも日本人を想像させて、可笑しくなってしまいました。


さて、本日グリムスのブログパーツを貼ってみました(^.^)
PC上での植林なんです。成長が楽しみ!
現在1周年記念企画でプレゼントが当たるそうなので、興味のある方は登録して植林してみては如何でしょう(^^♪
ちなみに私は『百年の愚行 [普及版]』(写真集)が当たるといいな、と思ってるんですが・・・。
私はくじ運が悪いので、まず当たらないでしょうなあ(^^ゞ


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ


スポンサーサイト
.05 2008 映画 comment10 trackback0

チャールトン・ヘストンと「猿の惑星」

今日は、ちょっと真面目な話をひとつ。

昨日のニュースで、アメリカの名優チャールトン・ヘストンの死を報じていました。84歳だったそうです。

チャールトン・ヘストンと言えば、全米ライフル協会の会長も勤め、銃規制反対派の急先鋒でありました。
その辺りは、ちょっといただけませんが、「ベン・ハー」や「十戒」といった名作に出演した、全米知名度抜群の大物俳優でしたね。

そんな彼の出演作のなかで、私が特に思い出すのが、「猿の惑星」です。
宇宙飛行士が、緊急事態に陥って不時着した惑星が、実は猿に支配された未来の地球だった、という設定のSF映画です。

この映画、私はテレビで観たのですが、当時の日本人(もちろん私も含めて)は、みんな純粋にSF映画だと思って楽しんだわけです。

ところが、実際はちょっと違った色合いを持つ映画だと知ったのは、私が社会人になってかなり経ってからでした。

実は、この「猿の惑星」の原作者は、第二次大戦当時に日本軍の捕虜収容所にいたことがあって、その時の体験を基にこの作品を書き上げたというのです。

簡単に言うと、あの「猿の惑星」に出てくる猿達は、日本人をモデルにしているということです。
有色人種が白人を支配(コントロール)するのは、とんでもないことだと...。
ただし、そういう思いをそのままストレートに映画にはできないので、日本人を猿として描いたわけです。

まあ、ひどい人種差別的な映画だったわけですが、もちろん日本でヒットさせるために、この事実は一切日本側には知らされなかったようです。(とは言え、映画関係者やアメリカ事情に詳しい人達は知っていたと思うんですが・・・)

ハリウッド映画には素晴らしい作品も多々ありますが、こういった政治的な思惑とかメッセージが込められた作品も存在する、というのもまた事実のようです。

ヨーロッパの映画人は、「ハリウッド映画なんて映画じゃない」という持論の人が意外と多いと聞きますが、前述のように、アメリカ映画の一種の胡散臭さのようなものを指して言っている部分もあるのかもしれません。

もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.08 2008 映画 comment12 trackback0
 HOME 

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。