2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

フェルメール展

昨日は、話題のフェルメール展に行ってきました。
私は絵が描けるわけでもなく、絵に造詣が深いわけでもないのですが、観るのは大好きなんです。
美しい絵をみていると、不思議と日ごろのストレスも薄れていくんですよねえ。

というわけで、ウチの相方と上野の東京都美術館へ繰り出しました。
フェルメールの現存する作品は、僅か30数点ほどで、そのうちの7作品が今回日本に来ているそうです。
入場料は1600円とちょっとお高めでしたが、相変わらずのすごい人出でした。

フェルメールの作品は、これといった派手さもなく、一見したところ地味なイメージなんですけど、何かこう不思議と惹きこまれるような魅力があります。

「光の天才画家」と銘打たれているように、窓から差し込む光が人物に当たっている空気感のようなものまで感じられて、素人の私でもため息が出そうになりました。
人ごみを静かにかきわけながら鑑賞しましたが、入場料分以上に堪能しましたよ。

絵に興味のある方は、ぜひ上野まで出かけてみることをオススメします(^.^)

さて、いつもとは順番は逆になりますが、ランチの話題を・・・。

相方といろいろと相談した結果、おいしいハンバーグが食べたいねえ、ということになり早速ぐるなびでリサーチをして、お店を決めました。

お店の名前は「Vimon」、黒毛和牛のハンバーグというセリフに誘われて、入ってみましたよ(^.^)
概観はこんな様子です。
vimon01.jpg
東京駅の八重洲北口改札を出て左手にある、キッチンストリートの一角にあります。
vimon02.jpg

オーダーしたのはAランチ、黒毛和牛のすね肉を使ったハンバーグステーキセットです。
ランチの中では一番リーズナブルなセットでしたが、肉の旨味を楽しめるということで、Aランチをいただいてみることに・・・(~o~)
焼き加減もキチンと聞いてくれます。お勧めはミディアムとのことで、素直に従いました。
ハンバーグ01
スープに温野菜、ライス(orガーリックトースト)が付いて1380円ですから、これはお得感アリ!

早速アツアツのハンバーグステーキを頬張ります(*^_^*)
ん~、さすが黒毛和牛。肉のうまみがきちんと伝わってきます。店長さんによると、ステーキに使える肉をミンチにしてハンバーグを作るのだそうです。
ハンバーグ02

そうそう、デミグラスソースがかかっていないのが不思議でしょう?
シェフが忘れたわけではなくて、肉に自信があるのであえてソースを使わないのだそうです。
いやあ、食べてみて納得しました(^^♪

テーブルに置いてある塩はモンゴルの岩塩。
これを少しかけて食べてみるもよし、プレートに載っている大根おろしをのせてお醤油をかけてみるもよし、肉のおいしさを堪能できます。

味もヴォリュームにも大満足だったので、次回は夜にステーキを食べにいきたいと思います。
店長さんはソムリエの資格を持っているので、ステーキに合うワインを教えてもらうこともできますなあ、楽しみ楽しみ!!(^_^)v

そう言えば、上野公園で佐世保バーガーを売っているバンを発見!
佐世保バーガー
さすがにお腹一杯で、こちらまでは手が出ませんでした(^_^;)


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト
.26 2008 美術館 comment14 trackback0

パリの100年展

昨日は曇り空のなか、東京都美術館へ「芸術都市パリの100年展」を見に行ってきました。

連休中とはいえ、カレンダー上は平日なので、それほど混雑はしていないだろうなあと思い、少し朝寝坊をして、ごく軽い朝食を済ませて出発したので、まずは上野近辺でランチをしようとお店に入りました。

お店は、「大地の贈り物」。
自然食のビュッフェで、女性を中心に人気のあるお店のようですね。うちのオクサンが以前から一度行ってみたいと言っていたので、美術館に行くついでに丁度いいロケーションということでもあり、入ってみました。にっこり

場所は、御徒町駅から歩いて3分程でしょうか。松坂屋の向かいのビルの4階にありました。
エレベーターを4階で降りると、こんな飾り付けがあって、期待が膨らみます。
店入り口01


ランチはバイキングのみで、一人1800円でした。ただし90分の時間制限があります。
まあ、普通の人なら十分な時間ですね。

料理は、和食がメインですけど、鶏の唐揚やカキフライ、クリームシチューなども置いてあります。
とにかく料理の種類が豊富で、目移りするくらいですので、なんだか嬉しくなります。迷いつつ、料理を選んだ結果がこんな感じになりました。
和食バイキング01

ごはんの種類も数種あって、オクサンは桜海老と大葉のまぜごはんを、私は稲荷寿司を選びました。
料理もごらんの通り、バリエーション豊富に選びました。これでも、取っていない料理がたくさんありましたよ。

デザートの種類もバイキングにしては多い方だと思います。私が選んだのは、ミルクプリン(これがかなりイケました)、コーヒーゼリー、グァバのブランマンジェ、カフェラテです。
この他にも、わらび餅やみたらしだんご、ごまだんご、抹茶プリンなどもありました。
デザート01

味は、どれもおいしかったです。
和食中心でヘルシーですし、野菜が本当に新鮮でうまいです。値段以上の満足感がありましたねえ。
それから、バイキングでは、飲み物に不満を感じることがありますが、ここのカフェラテはちゃんとしてました。

お店の中は、ご想像の通り、和のテイストですね。
店内01

このお店は、夜はお酒を出すようですが、特に梅酒に力を入れているようで、こんなものがありました。やはり、女性客が多いんでしょうねえ。
梅酒地図01


さて、腹ごしらえが済んだところで、東京都美術館へ向かいました。
普段の土日と比べると、やはり人出がちょっと少ないようで、歩きやすかったです。
パリ展01

印象派の絵がたくさん見られるかなあ、とかなり期待したんですが、ルノアールやセザンヌ、ユトリロの絵は、それほどたくさんはありませんでしたねえ。

やはりパリという街に焦点が当たっているようで、エッフェル塔の建造過程の資料や、パリ市街のミニチュアが飾ってあったりします。

ん~、やはり渋谷でやっているルノアール展に行けばよかったかな、と思いつつ、おいしいランチで満足したので、OKですな。にっこり


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.03 2008 美術館 comment5 trackback0

印象派展

さて、今日は青山ユニマット美術館で開催中の、印象派展に行ってきました。
と言っても、特に絵に詳しいわけではなくて、印象派のルノアールやセザンヌやモネの絵を観ていると、それだけで心が休まるというか、癒される気がするんです。

外でランチを食べたかったので、朝食はうんと軽めに、食パン1枚、ゆで卵とコーヒーだけにしました。
さて、美術館に入る前に外苑前のお店でランチです。にっこり
お店は、表参道を降りてすぐの Cafe et Restaurant FIGARO。

外観はこんな感じです。
P4050084.jpg

さて、ランチメニューはというと、パリのビストロ風に黒板に書いてありました。
20080405_211416728.jpg

1階が喫茶、2回が食事のフロアということで、2階の席に案内されました。内装はこんな感じです。
P4050074.jpg

こんなおしゃれな場所でランチなんて、久しぶりなもので、Aコースにしてみました。ちなみにお値段は1890円也。
しっかりとパンもついてます。
P4050077.jpg

前菜は、ミックスサラダを選びました。エビが3匹、アボカドも入っていて、なかなかおいしいですよ。
P4050079.jpg

メインは、仔羊モモ肉のロースト マスタードソースにトライです。羊肉は少し臭いが気になるかなと思ったんですが、意外とこれもおいしかったです。妻のアドバイスを聞いて、添えてあるラタトゥイユと一緒に食べたのが良かったみたいです。
P4050081.jpg

最後はコーヒーなんですが、奮発してデザートを別に頼んでしまいました。わらう
私は、チーズケーキです。
P4050082.jpg

妻は、バナナタルトにしてみました。
P4050083.jpg

どちらも見かけと違って、意外と重たい感じはせず、あっさりしていて美味でした。

さて美術館はこちらです。
P4050094.jpg

20080405_212353291.jpg

作品は撮影禁止ですので、写真はありませんが、こじんまりとした美術館ながら、なかなか良い絵を鑑賞できました。派手な宣伝もしていないせいか、ゆっくりと絵を楽しめてうれしかったです。

最後に、美術j館内にある喫茶店のカフェラミルで、
P4050086.jpg

P4050088.jpg

アイスコーヒーとストロベリーショートケーキをいただいてしまいました。(いかん、メタボまっしぐらかも汗;
P4050092.jpg


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ


.06 2008 美術館 comment14 trackback0
 HOME 

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。