2017 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

永遠の0(ゼロ)

51xV3LeZDpL__SS500_.jpg

今日は、つい先ほど読了した「永遠の0(ゼロ)」を紹介したいと思います。
良い本だという噂を聞いていましたが、いやはや凄い本でした。
久しぶりに読み応えのある、また読後も深く考えさせられる本に出会いました。

勘の良い方ならお分かりだと思いますが、0(ゼロ)はゼロ戦のゼロ。
そうです。先の大戦初期に、文字通り世界最高の戦闘機としてアメリカ軍を恐怖させた日本海軍が誇る名機のことです。

きっと今の若い方は、恐らくゼロ戦の由来も知らないのでしょうねえ(~_~;)
正式名称は、「零式艦上戦闘機」。
皇紀2600年(昭和15年)に正式採用されたので、その下二桁を取って「零式艦上戦闘機」と名付けられました。

さて前置きはこれくらいにして、この小説の内容ですが、神の如き操縦技術を持つ凄腕の戦闘機乗りでありながら、生き延びることに異常に執着を見せていた男、宮部久蔵。
当時は華々しく散ることこそ、最高の名誉とされていたにも関わらず、宮部は「妻と娘の為に、絶対死ねない」と言い続け、仲間からは隔絶した技量により一目置かれながら、その一方で「臆病者」と蔑まれることもあった男。
ところが、宮部は終戦の直前に特攻で散華します。生に執着していた宮部が、何故に特攻で散ったのか?

宮部久蔵の孫である姉弟が、60年以上の時を経て祖父の戦友達を訪ね歩き、その謎に迫っていきます。
そして、真相が解き明かされる結末は。。。

私は通勤電車の中で読んでいたのですが、涙が溢れそうになるのをこらえるのが精一杯でした。
恐らく目は真っ赤になっていたのではないでしょうか。本を支える自分の手が震えているのが分かりました。

わずか60年程前には、きっとこういう美しく気高い魂を持った日本人がたくさんいたのでしょう。
真の意味における人間としての強さ、愛、美しさ、とはこういうことではないのかと、頭をガ~ンと殴られたような衝撃を受けました。
私の愛読書の一冊となりました。

ゼロ戦に興味のある方はもちろん、興味のない方にも、おすすめの一冊です。
特に、多感な時期の中学生・高校生にはぜひ読んでもらいたい作品です。


もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト
.22 2010 comment6 trackback0

自転車本(その二)

一昨日の土曜は所用で外出していたので、昨日自転車で出撃するつもりでしたが、こんな時に限って普段よくはずれる天気予報が当たって、雨模様でした(>_<)

やっぱり今年は例年に比べて雨が多い気がします。
特に週末の天気が悪いことが多いようで、自転車乗りにとっては受難の年でしたねえ。

そこで、また最近読み終えた自転車本の紹介です。
今日ご紹介するのは、『ロードバイクの科学―明解にして実用!そうだったのか! 理屈がわかれば、ロードバイクはさらに面白い! 』(ふじい のりあき SJセレクトムック No. 66)

この本の著者の藤井氏はホンダの技術者で、自動車の開発・設計が本業だそうです。

中身を読んでみると、なるほど技術屋さんが書いたものらしく、数式やグラフがいっぱい出てきます。
私は文系人間なので、数式はどちらかと言うと苦手なんですが、それでもデータに基づいた説明は明快で説得力がありますねえ。

空気抵抗の話から始まって、ペダリングの話やサドルのセッティング、ブレーキとコーナリングの話、エネルギーマネジメントの話題など、とても論理的で勉強になる話が詰まってます(^.^)
と言っても、堅苦しい表現ではないので、楽しみながら自転車の奥深さを知るには良いテキストだと思いますよ。

特に「ザ・サバイバルライド」という章では、一般道を走る際のリスクを避けるテクニックや走り方が紹介されていて、すごく参考になりました。
私のように一般道を走り慣れていない自転車乗りには、実戦的で役立つ情報ばかりでした。

楽しく論理的に自転車の魅力を解明している良書です(^^♪
先輩ローディーの経験に基づくお話も貴重ですが、科学的な分析に基づいたトレーニングやテクニック、走法を勉強するのも損は無いですよね(^^ゞ

理屈好きなローディー、納得のいくトレーニングがしたい自転車乗りにオススメの一冊です!



もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.15 2008 comment16 trackback0

自転車本(その一)

今日の東京の気温は、この冬最低だったそうです。
なるほど朝起きた時から、厳しい寒さを感じるわけです。
東京都の一部とはいえ、ここ八王子の気温は都心部より2度くらい低いのが普通なので、最高気温も一桁だったようです(>_<)

ほんとうなら今日は浅川ツーリング(ポタリングかな?)のレポを書く予定だったのですが、喉の調子がまだあまり良くなくて、相方にストップをかけられ、泣く泣く自転車に乗るのを諦めました。
ここでヨメさんの言葉を振り切って出掛けたりすると、後が恐いですから。。。(^_^;)
ドクターストップより強力なワイフストップですな(+_+)

というわけで、ここ最近自転車の乗れない日が続いていたので、自転車関連の本をまとめ買いしてしまいました。
今日はそのうち、一昨日読み終わった本をご紹介します。

『自転車で遠くへ行きたい。』(米津一成 河出書房新書)

この本は書名からも分かる通り、自転車の楽しさ、特にロングライドの面白さを著者自身の言葉で語ったものです。

まず本の構成がユニークです。
「第一章 ロードレーサーという乗り物」から始まって、「第二章 100kmを走る」、「第三章 200kmを走る」という具合に、まるで徐々に走る距離を延ばして成長していく自転車乗りのような章立てになっています。

著者のロングライドのきっかけは、自転車で沖縄本島を二日間で一周して330kmを走る「ツール・ド・おきなわ」。
当時の著者は自転車通勤をしていたとはいえ、100kmを走ったこともなく、自転車は3万円のMTBだったので、沖縄へ行く一ヶ月前にロードレーサーを買ったそうです。
これにはショップの人も、なかば呆れ顔だったそうですが・・・
ん~、私も間違いなく無謀だと思いますねえ(^_^;)

しかし著者は奥さんと一緒に参加したこのレースを走り切ってしまう。
途中死ぬような思いをしつつ、初日180km、二日目150kmの全コースを完走してしまいます。
このことが彼の人生を変えたとも書いています。
現在の著者は、「300kmが日常レベルの最も長い距離」と言ってますから、100kmを走るのがせいいっぱいの私には想像もできません。

ところが上には上がいるもので、この本のなかには「距離感が壊れている人」も登場します。
GWに北海道から九州まで日本縦断してしまう人、川崎の自宅から日本海まで走っていってしまう人、北海道で開催されるブルベに参加するために東京から1000km自走していってしまう人等、とても実在の人物とは思えない超人的なロングライドの猛者が紹介されています。

自転車を始めようと考えている人、既に自転車にハマっている人も含めて、オススメの本ですねえ。著者の自転車に対する愛情、ロングライドへの熱い思いが伝わってきます。

この本を読んで、また江ノ島アタックをしてみたくなりました。風邪が治って、リハビリ走行が終わったら、春が来る前に一度チャレンジしたいですねえ(^.^)




もしよろしかったら、ポチッと一押しお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
.07 2008 comment26 trackback0
 HOME 

時計

プロフィール

モンchan

Author:モンchan
40代にして自転車に目覚めてしまいました。現在はBianchiのロードレーサーに乗って、週末に多摩川CRや境川CRに出没しています。
コメントの際は「さん」付けでなく、『モンちゃん』で結構ですので(^^ゞ

ブログ内検索

FC2カウンター

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。